トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般歯科(むし歯治療) » 【ミニマムインターベンション】 できるだけ抜かない・削らない

【ミニマムインターベンション】 できるだけ抜かない・削らない

ミニマムインターベンション当院では、歯をなるべく削らない「ミニマムインターベンション=MI治療」を採用しています。ミニマムインターベンションとはMinimal Intervention(最小限の侵襲)と訳され、むし歯の部分だけを正確に削り取ろう、という考え方のことです。

通常の歯科治療ではむし歯があると、予防のためにむし歯になりやすい健康な部分まで削ったり、神経に近く治療後に痛みが出る可能性がある場合は神経を取る治療をおこないます。これは治療した歯が再びむし歯になったり、詰め物が外れたりするトラブルを避けるためにおこなうものです。

しかしながら、歯は一度削られると二度と再生できません。また、神経を取った歯は健康な歯に比べて歯質が弱くなります。ミニマムインターベンションでむし歯に侵されてしまっている部分だけを慎重に削ることで歯の負担を減らしたり、神経を取らずに治療することで歯の寿命を延ばすことができます。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般歯科(むし歯治療) » 【ミニマムインターベンション】 できるだけ抜かない・削らない


コールバック予約