トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般歯科(むし歯治療) » 【2段階麻酔】 痛みを与えないために

【2段階麻酔】 痛みを与えないために

2段階麻酔治療では痛みを抑えるために麻酔を使用することがあります。しかし「麻酔そのものが痛い」という経験をして歯科医院に通うのが苦痛になってしまった、という話を耳にすることがあります。「口腔内という敏感な部分に針を刺すのだから痛くて当たり前」では本末転倒です。

当院ではまず麻酔を打つ前に、表面麻酔を施します。表面麻酔は歯肉の表面にジェル状の薬(使用する薬剤によって異なります)を塗り、知覚を麻痺させるもので、針を刺したときのチクっとした痛みをやわらげる効果があります。

また、麻酔を注入する際は、「電動麻酔」とよばれる特殊な装置をつかって、ゆっくりと麻酔注入。麻酔を入れるときの、痛み・不快感をギリギリまで抑えます。実際、多くの患者さんから「痛みがほとんどなかった」「思った以上に、あっという間に治療が終わった」などの声をいただいています。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般歯科(むし歯治療) » 【2段階麻酔】 痛みを与えないために


コールバック予約