トップへ » 院長あいさつ » "なるべく抜かない・削らない"。開院以来の理念です。

"なるべく抜かない・削らない"。開院以来の理念です。

なるべく抜かない・削らない

当院のモットーは、なるべく抜かない・削らない治療です。私たちこまむら歯科クリニックは、開院以来、50年以上こうしたポリシーのもと、治療をおこなってきました。どんなに進行したむし歯でも何とか残す方法を考えることで、患者さんにはいつまでも自分の歯で噛める生活を送って欲しいと思っています。

実はこうした考え方は、父の代からずっと守り続けてきた当院の治療理念のようなものです。今でこそ"むやみに歯を削ったり、不必要に抜いたりしない"という考え方が主流になっていますが、ほんの20年前までは、"削る・抜く"という考え方のほうが一般的でした。ですからこうした理念は、ある意味、時代を先取りしていたといえるかも知れませんね。

むやみに歯を削ったり抜いたりしていると、治療の度に歯を失うということになりかねません。私たちは"長く健康な歯を保つ"という考え方に基づき、患者さんがいつまでも自分の歯で噛める治療方法をご提案しています。


トップへ » 院長あいさつ » "なるべく抜かない・削らない"。開院以来の理念です。


コールバック予約