トップへ » 院長あいさつ » いつも同じ目線で接すること。医師として大切な姿勢です。

いつも同じ目線で接すること。医師として大切な姿勢です。

一人ひとりの患者さんとジックリと付き合いたい私が患者さんと接するときに一番気をつけていることは、いつも同じ目線で接することです。上からでも、下からでもダメ。患者さんの立場で常に向き合い、言うべきことはハッキリいう。そして、患者さんが何でも相談しやすい雰囲気を作ることが大切だと考えています。

ですから、できるだけ趣味の話や、最近の出来事など、治療とは関係のない話も積極的にするようにしていますね。いつも治療の話ばかりだと、どうしても一方的なコミュニケーションになってしまうでしょう?なごやかで打ち解けやすい雰囲気づくりをすることで、患者さんが疑問・質問を打ち明けやすい治療環境をつくることもドクターとしては大切な役目だと考えています。

治療を効果的に進めるには患者さんとの協力が不可欠です。どんな些細な質問・疑問でも遠慮なくおっしゃってください。


トップへ » 院長あいさつ » いつも同じ目線で接すること。医師として大切な姿勢です。


コールバック予約