2011年3月24日 « トップへ » 2011年4月 6日

2011年3月29日

ホワイトニング

アルファLEDライトスパ

「歯の黄ばみが気になる」という悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?そんな方にオススメなのが、ホワイトニングです。ホワイトニングでは、歯みがきや歯のクリーニングでは落ちない加齢や、遺伝による歯の黄ばみを、歯を削ることなく白くする方法です。

このページでは当院で行っているホワイトニングについてご紹介いたします。

<当院のホワイトニングメニュー>
【ホワイトニング】 歯を漂白。白く美しい歯に。
【FAPホワイトニング】体に優しいホワイトニング
【TiONホワイトニング】患者さんにやさしいオフィスホワイトニング
ホワイトニングの症例

 

【ホワイトニング】 歯を漂白。白く美しい歯に。

被せ物薬品を使って歯を白くする方法が、ホワイトニングです。ただし、誰でもが白くできる訳ではありません。テトラサイクリンやフッ素による歯の色の変化には効かないこともあります。また、ホワイトニングをする前におこなう「PMTC」という歯の掃除だけで歯本来の白さを取り戻せる場合もあります。

当院でおこなっているホワイトニング
オフィスホワイトニング
歯科医院にて通院しながらホワイトニングをおこなう方法です。短期間で歯を白くすることができるのが特徴です。

当院におけるオフィスホワイトニングでは、身体にやさしく歯を白くするだけでなく、コーティングして強化する、むし歯予防にもなるホワイトニング【FAPホワイトニング】、身体にやさしい最新のホワイトニング【TiONオフィス】をお選びいただけます。

ホームホワイトニング
歯科医師の指導のもと、患者さんが自宅でおこなうホワイトニングです。患者さん自身が薬剤を用いて治療をおこなうことができるので、患者さんのライフスタイルに合わせて気軽にホワイトニングが楽しめるのが特徴です。また、後戻りも少なく、より自然な白さが得られます。ただし、毎日数時間トレーを装着し続ける必要があります。

当院におけるホームホワイトニングでは、最新の国産ホームホワイトニング【TiONホーム】、以前からあり、症例数も多く安心のホワイトニング【Nite White Excel】をお選びいただけます。

 

【FAPホワイトニング】体に優しいホワイトニング

FAPホワイトニングとは?
一般のホワイトニング法とは違うメカニズムで開発したオリジナルのホワイトニング法です。他の漂白法とは異なり、より歯を白く、さらに歯を強くするための効果が加えられた、最も日本人に合った漂白方法です。

普通のホワイトニングは一般に歯のエナメル質をすりガラス状にして白く見せますが、「FAPホワイトニング」では歯の表面にフッ化アパタイトという、通常のエナメル質より強い皮膜をコーティングすることで白く健康的な歯を手に入れることができます。3~5回程度の通院が必要となりますが、身体に優しいホワイトニングです。また、エナメルリペアと組み合わせることにより、より白く強い歯にすることもできます。

一般的なホワイトニングの場合
結論からいうと、一般的なホワイトニングでは歯にダメージを与えてしまうことがあります。というのも、一般的なホワイトニングでは薬剤により歯の表面を凸凹にしてしまうため、そこに汚れがつきやすくなるために色の後戻りもしやすい上、凸凹のざらついた部分が酸などの影響を受けやすくむし歯発生の要因となってしまいます。

FAPホワイトニングの場合
歯と同じエナメル質表面に歯や骨をつくっているのと同じカルシウムを補い歯と一体化させることで歯を白くします。またこのFAP漂白薬は強化カルシウムを使って漂白するために、むし歯になりにくい強い歯になります。

FAPホワイトニングの施術方法

口を大きく開くために開口装置を装着します
次へ
歯肉の保護のため、ワックスを歯肉に塗ります
次へ
ペースト状のFAPホワイトニングの薬剤を歯面に塗ります
次へ
そのままの状態で15分置きます
次へ
薬剤を落とし、もう一度同様に薬剤を塗布して15分置きます
次へ
歯についた薬剤を取り、水洗いし、唇や歯肉についたワックスを除去して終了となります
 

【TiONホワイトニング】患者さんにやさしいオフィスホワイトニング

ティオンオフィスオフィスホワイトニングはその日のうちにホワイトニング効果が求められるため、高い過酸化水素濃度のホワイトニング材を用いる必要がありますが、濃度が高くなればなるほど知覚過敏など有害事象発生のリスクも高まります。

ティオンオフィスは新技術「可視光応答型光触媒V-CAT(TiO2-xNx)」の応用により、比較的低い過酸化水素濃度での高いホワイトニング効果と低刺激性を両立させた新しいオフィスホワイトニング材です。
 


2011年3月24日 « トップへ » 2011年4月 6日


コールバック予約