トップへ » 一般的なホワイトニングの場合

一般的なホワイトニングの場合

結論からいうと、一般的なホワイトニングでは歯にダメージを与えてしまうことがあります。というのも、一般的なホワイトニングでは薬剤により歯の表面を凸凹にしてしまうため、そこに汚れがつきやすくなるために色の後戻りもしやすい上、凸凹のざらついた部分が酸などの影響を受けやすくむし歯発生の要因となってしまいます。

FAPホワイトニングの場合
歯と同じエナメル質表面に歯や骨をつくっているのと同じカルシウムを補い歯と一体化させることで歯を白くします。またこのFAP漂白薬は強化カルシウムを使って漂白するために、むし歯になりにくい強い歯になります。


トップへ » 一般的なホワイトニングの場合


コールバック予約