«  2011年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« パーフェクトぺリオよりすごい!! | メイン | アンチエイジング~「日本臨床アンチエイジング研究会」にて »

2011年3月10日

ドックス ベスト セメント (ドックベストセメント) ~ Doc's Best Cement

 とは・・・

アメリカでは、普通に使われているセメントです。セメントに含まれる銅の作用により虫歯のばい菌をやっつけることで、今までの治療のように虫歯を完全に除去する必要がありません。

虫歯の中のばい菌がいなくなれば、人間が本来持っている治癒力で虫歯が治っていくため、歯を削る量も最小限で済み、今まででは神経を抜かなくてはならなかった虫歯も神経を抜かずに済んだりします。

作用としては3Mix-MP法に似ていますが、3Mix-MP法の場合に比べて殺菌効果が長く持続するなど、良い面が多々あります。3Mix-MP法と同様、歯にやさしい治療法です。


     ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ドックスベストセメント(ドックベストセメント)は、夢のセメントとか魔法のセメントなどとも言われますが、まさかに魔法のごとくなんでもOK!というわけにはいきません。
しかも、その操作性は、ひと昔もふた昔も前の材料のように扱いづらく、慣れが必要なのは事実です。

しかし、さすがに素晴らしいセメントで、(当然、適応症例はある程度限られますが、)ドックスベストを使った症例の予後は、かなりの好成績を上げています。
私は、駒村歯科医院の頃から、3Mix-MPだけでなく、ドックスベストセメントを扱ってきましたが、その成績は3Mix-MP法を上回るかもしれません。

このように良いものが、なぜ日本では早く認可が下りないのか、不思議でたまりません。
個人輸入による高額なセメントなので、今は患者さんに費用を負担していただくようになってしまっています。もっと普及すれば価格も安くなりますし、健康保険で扱えるようになれば、患者さんの負担が減るだけでなく、医療費の削減につながり、皆が幸せになれるはずです。
こういった日本のお役所の手続きの問題は昔から言われていますが、本当に、どうにかしてほしいものです。

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

こまむら歯科クリニック 院長 駒村秀朋
こまむら歯科クリニック
院長 駒村秀朋
http://www.komamura.jp/

当院のモットーは、なるべく抜かない・削らない治療です。私たちこまむら歯科クリニックは、開院以来、50年以上こうしたポリシーのもと、治療をおこなってきました。どんなに進行したむし歯でも何とか残す方法を考えることで、患者さんにはいつまでも自分の歯で噛める生活を送って欲しいと思っています。